葬儀や供養の方法は時代によって変化してきています。それぞれの希望や状況に合わせた方法を選びましょう。

時代によって変化する葬儀や供養の方法

葬儀や供養の形は、時代の変化によって変わってきています。家族だけでの葬儀を行いたい人の割合が、従来の葬儀をしたいという人の割合よりも増えているという統計結果もあります。また、葬儀や告別式を行わずに直葬し、その後に親族などでの食事会をしたり、友人たちを集めてお別れ会をしたりという形もあります。また、供養の方法としては、お骨を小さなペンダントに入れて常に故人と一緒にいられるようにしたりなど、新たな方法も出てきています。

私の出身地である北陸のある町では、お寺での通夜や葬儀が一般的でしたが、最近ではセレモニーホールでの通夜や葬儀が一般的になりつつあります。また、通夜で故人の思い出や家族との写真をスライドで流したり、故人の得意だった歌を録音した歌声のテープを流したりなど、時代にあわせて様々な工夫も行われることもあります。また、地域のつながりがとても強いので、家族葬ではなく、従来のように通夜や葬儀で多くの人に参列していただき、お焼香をしてもらい、故人を多くの人に偲んでもらい、家族は悲しみを癒すというスタイルがまだ一般的です。家族の希望や故人本人の希望、地域のつながりなど、状況にあわせて、それぞれのお別れのスタイルを選び、故人の供養を行いましょう。

葬儀や供養は、残された家族にとって、故人との別れとして区切りをつけ、これからの生活を送って行くために欠かせないものです。家族や親戚などによく確認しながら、それぞれに最適な方法を選びましょう。

関連リンク

Copyright (C)2017知っておきたい 葬儀や供養の意味合い.All rights reserved.